勢川びきのX記 (4コマblog)

日々・世界の全てを4コマで

薄っぺらい

f:id:segawabiki:20200116190448p:plain

Rainbowtown FM「紫乃ママ・こうちゃんのラジオスナック」に出演しておしゃべりしました。

こちらで聞け(見れ)ます。

どうも私は一般の方がもっている「悩み」がないようで・・・サラリーマン時代も上司から「いいよなあ、セガワは毛が一本足りなくて」という表現で言われていました。

若いころの「サロンパスみたい」と言われていたのは実話です。

陰があったりする男の方がモテル・・・なので私はモテない。薄っぺらオジサン。

f:id:segawabiki:20200116190535j:plain

 

面白い夢と4コマ

f:id:segawabiki:20200105191507p:plain

 「人間は視覚情報が主なので、夢もほぼ映像で見る。犬は匂い情報が人間では考えられないくらい多いので、もしかしたら犬は匂いで夢を見ているのかもしれない」という話が、こちらの「犬の愛に嘘はない」に載っていた。ほんと、そうかもしれない。

犬の愛に嘘はない (河出文庫)

犬の愛に嘘はない (河出文庫)

 

 

散歩中のレンはいつも「この世の匂いを嗅ぎつくすぞ」という感じ。

f:id:segawabiki:20200105191603j:plain

 

あ、今年もよろしくお願いします。できれば週一ペースでの4コマblog もkeepしていきたいです。

 

今年が終わってしまう前に

f:id:segawabiki:20191219235003p:plain

レンは豆柴。この2か月でだいぶ大きくはなったけれど、普通の柴犬に比べれば小さい。4年前に死んじゃったチョコ(ミニチュアダックスフンド)とは色々だいぶ違うけれど、チョコを思い出すことも多い。顔の輪郭(というか鼻筋)とか似ている気がするし。

f:id:segawabiki:20191120090030j:plain

靴下取られた・・・

f:id:segawabiki:20191104233909j:plain



 

江実の20回目の誕生日

f:id:segawabiki:20190915210026p:plain

 

1999年9月15日にアメリカ・サンフランシスコのUCSFで生まれた次女・江実。2000年10月24日までの1年ちょっと(405日)の短い命でした。

江実の話はこちらのblogでまだ残っています。

誕生日(9/15)の様子はこちらで書きました。

 

江実が生まれた年に買ったワイン。

f:id:segawabiki:20190915191054j:plain

開ける時が来ました。

なんかやらなきゃね、江実。

滝打ち散歩@西表島

f:id:segawabiki:20190909212752p:plain

2年前ぶりに八重山諸島

波照間島に行こうとしたら近くで台風13号が発生。海が荒れるとすぐ船が止まる波照間島は2泊予定を1泊に変更して、早々に西表島へ移動。西表島で全員(9名)が集合するはずだったが、台風の影響で6名は石垣島で足止めとなった。

大雨の西表島を「シャワー散歩」とか「滝打ち散歩」と名付けて、「濡れて歩く」のを当然として二日ほど2万歩/日 歩く。

雨の中の散歩がこんなに気持ちいいものとは思わなかった。

誰もいないし。

本当に気に入った。

こちらは写真では分かりにくいけど、結構な雨の中で行ったイリオモテヤマネコ銅像

 

f:id:segawabiki:20190909212850j:plain

 

そして日程は大きく変更したけれど、最終的には越境リーダーシップのメンバーが全員西表島に集まり、シーカヤックでなんと海の上で大声で語ったりした。本当の滝にも打たれたり。

f:id:segawabiki:20190909215018j:plain

いやー、洗い流され、なんか得体は知れないけれど何かが体に入った。

よーし!

f:id:segawabiki:20190909212911j:plain

↑ 私は完全に長老です。若くてエネルギッシュな皆さんと一緒にいられるのは幸せだなあ。

 

シリコンバレー流 高校生アントレプレナー研修はスゴかった

f:id:segawabiki:20190809220216p:plain

和歌山で行われた5泊6日の「シリコンバレー流高校生アントレプレナー研修 GTE」にメンターとして全課程参加。(1週間前に終了したけれど、その感動と疲れに浸っていて4コマblogにするのが遅れました)

 

先生はシリコンバレーの高校でアントレプレナー(起業家)教育を行っているアメリカ人の専門家。

昨年は最終発表会だけ審査員として参加したのだけど、今年は最初からずーっと。

簡単にいうと「容赦なし」。

英語もスゴイスピードだし、とても高校生が知っているとは思えない投資の話などの専門用語が次から次に殆ど説明なしに生徒に浴びせ続ける。

そして、本当に短時間に各自やチームのワークが行われて、どんどん発表させる。(私のやっている社会人研修と比較すると1/3~1/10くらいの時間しか与えない)。

それでも高校生はついていく(というか、走り続ける)。

そうか、「学ぶ」というのはこういうことかもしれないな、と改めて思った。

赤ん坊が言葉を覚えていくのも、決してカリキュラムがあって順番に吸収していくのではない。浴びれは学ぶのだ。「教える」のは奢りのように思えてきた。これからの私の仕事としてやる研修にも影響を与えそうな1週間だった(このままのパターンでやるとクライアントから不満が噴出するだろうけれど)

最終発表会の1日前は本当にまだ形になっていなかったものが、全てのチームがいいビジネスアイデアまで昇華でき、スクリーンを全く見ずに堂々と客席に向かって話しかけるような(Steve Jobs張りの)素晴らしいプレゼンを立派にやった(おじさんはちょっとウルっとしたぞ)。

 

とにかく日本の未来はこいつらが間違いなく創る。安心だ!

f:id:segawabiki:20190809221705j:plain