勢川びきのX記 (4コマblog)

日々・世界の全てを4コマで

広島経済レポート連載「ひろしくんがゆく」(58)

f:id:segawabiki:20210225111459p:plain

 

前回に引き続き「マスクでメガネが曇る」のネタ。今日はとても寒かったけれど、先日は春のような陽気で、春がどんどんやってきています。寒くてメガネが曇る、という季節がもう終わりそうなので、このネタを掲載。

実は私の叔父さんが診療所で実体験したことを「マンガになるのでは?」と連絡をくれたのがネタ元のきっかけです。ありがとうございました!

 

広島経済レポート連載「ひろしくんがゆく」(58)

f:id:segawabiki:20210213204729p:plain

またまた「COVID-19が収まったら季節外れになってしまう」ネタ。(早く収まることを祈って)

マスクをつけるとメガネが曇る。早朝の日の出前に家を出るレン(愛犬・柴犬)の散歩では、公園で犬友達に会うので、とても寒い中マスクを着けている。時々とんでもなく曇る。

色々工夫して辿り着いた現時点での私のマスク構成はこちら。完璧とは言えないけれどだいぶマシ。

f:id:segawabiki:20210213210215p:plain

 *最初の「ワイヤー部分を内側に折り曲げる」は、なんと警視庁のホームページから(→こちら)

 

広島経済レポート連載「ひろしくんがゆく」(54)

f:id:segawabiki:20210209202314p:plain

 

広島経済レポートでの連載からの転載。COVID-19関連の作品をまず転載中。(COVID-19が早期収束をしてこの手の作品の掲載が時代遅れの感にならないように・・・と早期収束を願って)

昨年4月の緊急事態宣言の時は床屋も休業となり(だったかな・・・記憶が既に曖昧)、6月くらいに電動バリカンを買って自分で髪を切るようになった。実際、時々失敗する。一昨日やったら、耳の上が完全に禿げてしまってかっこ悪い。まあ、オンラインだと側面も見えないからいいけどね。

 

広島経済レポート連載「ひろしくんがゆく」(53)

f:id:segawabiki:20210206181810p:plain

広島経済レポート連載「ひろしくんがゆく」からの転載。

最近はどうしてもCOVID-19絡みのネタが多くなっている。まあそのうちなんとか人類は乗り越えるのだろうから、古くなる前にCOVID-19絡みのネタの4コマからアップしていこうかと。(早期収束に期待を込めて)

広島経済レポート連載「ひろしくんがゆく」(57)

この4コマは実は第57回の今年の正月明けのもの。

正月ネタなので、時季外れにならないよう、かといって来年正月まで待って掲載しようと思っても、COVID-19の状況が来年正月にはどうなっているか分からないので早めに掲載します。

f:id:segawabiki:20210129174135p:plain

 

広島経済レポート連載「ひろしくんがゆく」(1)

「広島経済レポート」で2019年11月から週1回の4コマ漫画連載をやっています。

タイトルは「ひろしくんがゆく」。

f:id:segawabiki:20210129173653p:plain

その第一回の名前を知ってもらうための4コマ漫画です。

Blogに転載してもいいと承諾をいただいたので(ありがとうございます!)抜粋して時々こちらのBlogに掲載します。

f:id:segawabiki:20210129174140p:plain

昨年の7月からこの4コマ漫画Blogでの記事が停止していて半年ほど経ってしまいました。

COVID-19で電車にも殆ど乗らなくなって、犬の散歩とオンラインでのメンタリングや飲み会ばかりなので、ネタ不足、ということも否めませんが、この「広島経済レポート」での週1回連載や、TOMORUBAでの「4コマ&コラム」不定期連載で、そこそこの数の4コマ漫画は描き続けているので、自分としては結構満足してしまっているところがあってBlogの4コマを描くのが止まっている、というのも事実かも。

 

ピアノ集中力

f:id:segawabiki:20200706185222p:plain

COVID-19以前から時々やっていたのだけど、自宅にいる時間が長くなってほぼ毎日やるようになったピアノ練習。

Simply PianoというiPad用のアプリを(もう20年も前にアメリカで買った)電子ピアノでやっている。

このアプリは素晴らしい。続けたくなる。

MIDIでつないでいるので、ヘッドホーンだけで使えるため深夜に弾いたりしている。

楽譜が自動的に横に流れていき、間違いが多いと先のステップに進めない。意地になってやるところはゲーム感覚に近くて、OKが出ると「クリア!」と心の中で叫ぶ。

でも感覚的には85%くらい正しく弾ければ次に行けるので、結局「パーフェクト」には弾けないまま次に行ってしまい、未だに完璧に弾けた曲はない。

それでも、凖上級までクリア。そしてどうもこのアプリはここまでのようで(なのかなー?)、クリアする度に増えていた沢山の楽曲に今はチャレンジしようとしている。

でも、やっぱり「これは弾ける」という曲を持ちたいので、今は「G線上のアリア」と「エンターテイナー」を繰り返し中。

それにしてもホント気が散る人だ。集中すれば間違うはずがないところでミスる。あかん・・・情けない・・・でも体に叩き込ませ中。

実はピアノは幼稚園~小学校1年までやっていた。母親が音楽の教師を昔やっていたので、家に当時にしては珍しくピアノがあり、母が教えてくれたりしていた(と思う)。でも、遊び盛りだったので、「ピアノはやらない!」と反乱を起こして止めてしまった。それから数十年。この年でやり始めるとはね。COVID-19様様?