勢川びきのX記 (4コマblog)

日々・世界の全てを4コマで

大きな常緑樹の伐採

今朝は里山活動。白樫はすごく固くて密度が高くて、とにかく重い。猫車(って分かるかな?ネコバスじゃないよ)で一回にせいぜい2、3個の丸太を運ぶのが精一杯。
なんせこんだけあるからね。

ほんの数本切っただけだそうだけど、でかいわ。
そして、その跡は見違えるように明るく太陽光が燦々と降り注ぐ広場になっていた。

侵略的外来種と絶滅危惧種

アメリカザリガニは私くらいの年代にとってはとても身近な生き物である。学校や家で飼っていたこともある人も多く、ペット的な扱いで親しみを持ってしまう。
でも、アメリカザリガニは単なる「外来種」ではなく「侵略的外来種」と呼ばれる「在来の生物を根絶してしまう『生物兵器』のような存在になる危険性がある」というとても怖くて厄介な生き物だ。アメリカザリガニのせいで多くの他の生き物が絶滅した池や沼は枚挙にいとまがない。
だから駆除しなければならないのだが、なかなかやっかい。今日行った公園の池は3年かけてなんと一万匹も駆除してきたらしい。しかし、まだまだ根絶まではかかりそうだということ。
 
ベテランの方が取り方を教えているところ。

 
これが今日の午前中一時間でとれたアメリカザリガニ
まだ本格的に増える前なので、この小さな一匹をこの時期に見つけるのが大事とか。

 
そして、ついでに取れてしまった他の生き物。どじょう、やご、おたまじゃくし、たにし・・・記録だけとって、元の池に返します。

里山を守る会

チョコともよく行く池がある公園を手入れしている「里山を守る会」に入り、初めて活動に参加。
今日はずーっと丸太運び。いやあ、疲れた。
これが運び終わった丸太。一個ずつが身が詰まっている感じでずっしりと重い。

 

最後に残った大きめの丸太。ここまでは無理をして二人で運んだけれど、やっぱりもう少し小さくしようということでチェーンソーで切ってもらった。
チェーンソーも使える様になりたい。

 
 
池とそれを囲む斜面の森。両方を手入れする。長靴も買わなきゃ。

 
鴨もやってきた。今年も小ガモが見れるかなー。

 
アメリカザリガニの駆除と重量測定。そのうちこれも手伝わさせてもらいたいな。