勢川びきのX記 (4コマblog)

日々・世界の全てを4コマで

何が「高齢社会先進国」だ

この1か月の間に、高齢の両親に「CDプレーヤー」「液晶テレビ」「携帯(ガラケー)」を買ってあげる機会があり、(当然)手配・設置・使い方の教育の全てを行った。
 
改めて、「日本はアカン」と思った。
言葉では「高齢社会先進国」だとかなんとか謳うのが大好きだけれど、実際には高齢者のことをちゃんと考えた製品づくりなんて全くできていない。
 
今回買ったもので言うと、
●「CDプレーヤー」
・CDが超セットしにくい。コストダウンのためだろうが、かなりの手先の器用さが必要。
・セットしにくいので、デザイン上は「縦置き」になっているが、実際に本体を寝かせてCDを入れなければならない。そうして蓋を上にすると、ボタンの文字が上下逆になってしまう。
・なんと超有名電気メーカーのもの(設計から製造まで全て委託だろうけれど)

●テレビ
字幕モードのON/OFFをしようとすると、昔はリモコンに「字幕ボタン」があったが、最新機種では、「メニュー」から選び、画面上で2,3回ボタンを押してやっと選べる。ところが、操作をちょっとモタモタしていると、カーソルがある場所のメニューが開いてしまい、「字幕切り替え」の表示を覆ってしまって見えなくなってしまう。ほんの2,3秒で高齢者はそのスピードについていけない。

●携帯
高齢者用を購入。高齢者に必要なスピーカーフォーンへの切り替えの表示もない。音量調整のボタンも小さすぎて震える指ではちゃんと押せない。「スマホ」に慣れてしまった私たち子供世代にも「ガラケーでのお作法」は忘れてしまっているので、訳がわからない。「高齢者」=「昔のものがいい」という勘違いUI満載。メニュー構成も酷くて、どこで何がセットできるのかを探し出すのがだ大変。ネットで購入できるのはとてもいいが、本当にこれでもかというくらい訳がわからないことが頻発する。むちゃくちゃ疲れた。

おそらく、理由は「思考停止(自分で考えない、考えても誰にも言わない)設計」「設計者自身が使ったことがない」などだろう。こんなので「高齢社会先進国」とか言わないでほしい。この国の力はもうないのかもしれない、とまで思った。

本当の高齢者用は、まず「高齢者自らがその最新の機器の情報」を知らないので、実際にはその子供たちが買って、使い方を教えてくれるのが多いケースだろう。そして、「使い方」はその高齢者に合った「最小限の使い方」を選んで、プリセットなどをする。そういうことがやりやすい機器の開発はどうしてされないのだろう。「いやいや、ちゃんとやっていますよ」と言うのかな。信じられないけど。

「とりあえず」を喜ばない人たち

南北首脳会議でネタを書こうと思って、ちょっと調べて困っちゃったのが「会議の名前」。「韓国と北朝鮮の南北首脳会議」という言い方が一番短い表現(長いモノだと『大韓民国朝鮮民主主義人民共和国の両首脳会談』)。うーん・・・4コマ用としては長すぎる。元々は同じ国で、それが分断してしまったので「南北」なのに、それを合わせた国名で呼べない歴史的な不幸を感じた。
テーマにした「とりあえず喜ぶ」ことができずに、「喜んでいる人たち」をバカにするだけの人たちって、あちこちの世界にいる。共通するのは、「外野から言っているだけ」ということ。
北朝鮮の問題だって、国連という場で勇ましく「必要なのは対話ではない。圧力だ(*1)」と言い放っていた安倍首相が、トランプ大統領にお願いすること以外、結局は何もできず(やらず?)、というのは特に分かりやすい例だろう。

と、いうように「とりあえず喜べば?」と言うと、あちこちから「分かってないなー!このバカ」とご批判を浴びそうですが・・・でも、その方が次の課題に真摯に向き合えて前進し、乗り越えることができると思っています。

*1: 後にはいつの間にか「対話のための対話には意味がない」と大きく言っていることを変えた。国民は簡単にごまかせると思っている一連の発言の一つ。(そのうち4コマネタにしたいと思っている(未定です))

自分の声

先日収録したFMラジオ番組の放送があった。・・・「変な声だな」と自分の声を思った。
声帯で作られた音は骨や肉や空洞で変化して鼓膜に届く。口から発せられて他の人に届くのとは経路が違うから違った音になる・・・というのは頭では理解しているけど。
「音の変化」は「原音から削られる」「原音に付加される」「原音が変化する」などがあって、「忖度フィルタ」や「組織階層伝言ゲーム」での音の変化は「そんなことは言っていないのに」となることが多いけど、「よくできた組織」では「本音がバレずに伝わる」という究極的なシステムになる(とオシマイ)。

見えない所で徐々に溜まっている

ピロピロピ〜!(ガム)
ピロピロピ〜! ピロピロピ〜!(モル)
ピロピロピ〜! ピロピロピ〜! ピロピロピ〜! (改めて書いてみると、マグマ大使の名前(愛称?)って無いのかな)

・・・すいません。

なんでも人のせい

「他人」や「お上」の「せい」にすることがあちこちで蔓延している。あまりにあちこちすぎるせいで面白くない4コマになっちゃったじゃないか。(すいません、本テーマはそのうち再チャレンジします)

買い方で変わる&買わないとこのまま行ってしまう

もう一週間後には衆議院選挙の結果が出る。
「どこの政党もダメだ」というのはその通りだと思うけど、「選ぶ」ために「この政策がいいから」で選ぶ方法もあるが、「これだけはダメだ」でその政党以外に票を入れるというのもある。その方法でいいから、とにかく投票に行ってほしい。このまま行くと「公約パック」ではあまり分からない国つくりが着々と進むばかりだと思う。それは、「個」より「国・体制」を重んじるという国。(前回書いた日本会議は明らかに大日本帝國憲法の復活を目指していて、今回の立候補者の中にも多くの日本会議メンバーがいる)
憲法改正は第9条だけの話ではない。緊急事態条項改定や、国民主権の変更への道を開こうとしているのは明らか。「この道しかない」のか?ちゃんと袋の中身を見て匂いを嗅いで、そして投票に行ってほしい。